痩せ体質をつくる! 最近話題の「腸内フローラ」って何?

「腸内フローラ」という言葉をご存じでしょうか。テレビ番組のダイエット企画でも多く取りあげられるなど話題になっています。

腸内フローラと健康、そして痩せやすさとの関係を調べてみました。

腸内フローラとはいったい何なのか

腸内には約100種類、個数にして100兆個もの細菌がいることが知られています。たくさんの腸内細菌が種類ごとに集まった様子は顕微鏡で見ると花畑(flora)のように見えるため、このように名付けられました。

「菌」というと悪いもののようなイメージがあるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。たしかに腸内細菌の中には有毒物質を作る悪い菌(悪玉菌)もいますが、悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸のはたらきを助けてくれたりするいい菌(善玉菌)もいます。

善玉菌と悪玉菌の比率は人によって違い、単純に言えば善玉菌が多く悪玉菌が少ないほど、健康で理想的な状態です。腸内フローラの厳密な状態は検査を受けないと分かりませんが、おならや便のニオイが強い人や便秘や下痢など便の状態が悪い人は、悪玉菌優勢である可能性が高いそうです。

ただし、こういった兆候が現れていない人も安心はできません。腸内フローラの状態は、生活習慣やストレスの多寡などの要因によって簡単に変化してしまいます。また、腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌のほかに、「日和見菌(ひよりみきん)」という細菌もいます。日和見菌は、そのときの体調や体の抵抗力によって悪い菌にもなりうる細菌です。

つまり、ある日善玉菌が多く腸内がいい状態だったとしても、次の日にはすっかり悪玉菌が多く不健康な状態になっている可能性もあるということ。検査結果などはあくまで一時的なものとしてとらえる必要があると言えるでしょう。

腸内フローラとダイエットとの関係とは

ここまでのお話で腸内フローラが腸内の健康に大きく影響するということはお分かりいただけたと思いますが、実はそれだけではありません。腸内フローラの状態が良好な人は痩せやすく、ダイエットの効果が出やすいことが分かっています。

これは、善玉菌がもたらすデトックス作用のためです。腸内に善玉菌が多いと便通がよくなり毒素がどんどん排出されるのはもちろんですが、善玉菌には肥満の原因になる炭水化物などの糖を吸収して、乳酸・酪酸などを作り出すはたらきもあります。このダブルの働きにより、健康的なダイエットをサポートしてくれるというわけです。

また、善玉菌によって作られる乳酸や酪酸は、腸内を酸性に保ちます。食中毒菌や病原菌は酸性に弱いので、腸内に善玉菌が多いとこれらに感染しにくい状態をキープできるでしょう。

腸内フローラをいい状態に保つことは、ダイエットはもちろんのこと生活習慣病の予防にも効果的だといえます。

「腸内フローラ」を良好に保つために必要なこと

健康にもよくダイエットにも効果的だとすれば、なんとかして善玉菌を増やしたいと考えるでしょう。善玉菌を増やすには、2つの方法があります。

1つめは、善玉菌を含む食材を積極的にとって、新しい菌を腸内に送り込む方法です。ヨーグルトや納豆、漬物などに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は、善玉菌の代表格です。意識して食べるようにすれば腸内フローラが整い、痩せ体質に近づけます。

もう1つは、善玉菌のエサとなる食材を取り入れて、もともといる善玉菌を増やす方法があります。この方法に有効な栄養素は、食物繊維とオリゴ糖です。善玉菌が好むのはもちろんのこと、ほかの器官で消化吸収されないので、しっかりと腸まで届きます。

食物繊維とオリゴ糖を同時にとれるのが、野菜や果物、豆類といった食材です。野菜ではたまねぎやごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、果物ではバナナ、豆類では大豆がおすすめです。

炭水化物、たんぱく質などほかの栄養素とのバランスも考えながら、毎日の食事に取り入れてみましょう。