やめられない…本当は禁煙をはじめたい人にすすめたいコツとは?

喫煙習慣は厄介です。

本当は禁煙したいのに、なかなかやめられないという人が少なくありません。たばこの害をストレートに説いても効果はあまり期待できないようです。その一方で、禁煙に成功した人もいます。

どんなきっかけで成功したのか、やめられない人とどこが違うのか、コツを探ってみました。

年々減る喫煙者


喫煙者数は年々減っています。

日本たばこ産業(JT)では毎年「全国たばこ喫煙者率調査」を行っていますが、最新の調査結果(2016年5月実施)によると、全国の喫煙率は19.3%と、3年連続で2割を切っています。

なかでも、男性の喫煙者率は29.7%と、調査を始めた1965年以降で初めて3割を切ったことは、「たばこ離れ、本格化か?」といったように、メディアがこぞって取り上げました。

アメリカでも、1950年代には55%を超えていた喫煙率が、今は15%まで減少しています。テレビドラマでも喫煙シーンが減り続けているという調査結果も、現実を象徴しているかのようです。

ペンシルバニア大学のアネンバーグ・パブリック・ポリシー・センターの調査によると、1950年代から2000年代までにプライムタイムで放送されたアメリカの人気ドラマにおいて、1961年には1時間に4.96回あった喫煙シーンが、2010年には0.29回にまで減っているといいます。

日本のドラマでもアメリカと同様に、生活の一風景やキャラクターを表す小道具として、たばこを吸う場面はかつて多く使われました。

しかし近年は、たばこの害を批判する声を受けてか、その数は減少しています。

最近のアメリカのドラマでは、ストレスの多い職業のイメージを強調するシーンや、場面の緊張感をあおるシーンなどで使われるようになりました。

とはいえ、たばこはあくまで「キャラクターのバックグラウンドを作る小道具に過ぎない」と、たばこ批判を意に介さない俳優もいます。たばこは嗜好品だけに、そのあり方は白黒はっきりとはいかないようです。

老け顔の原因がたばこ!


現実の生活で、たばこはどんなイメージを持たれるのでしょうか。

直接喫煙について指摘されることのほかに、例えば「老けたね」といわれることがあったら、それもたばこの影響かもしれません。

たばこががんや動脈硬化の原因ともなることはよく指摘されますが、同時に老化の一因ともいわれます。

とくに顔はシワが目立つことにより、「スモーカーズフェイス(たばこ顔)」ともよばれ、紫外線に次いで肌に悪影響を及ぼす存在なのです。

喫煙は、有害物質である活性酸素を発生させます。

ビタミンやタンパク質は、この活性酸素を追い出す役割を担っていますが、喫煙によってその仕事が増えることで過剰に消費されるため、本来肌に必要な栄養まで使われてしまい、栄養が肌のケアまでまわらないというわけです。

こうなると、血色が悪くなりますし、口内も歯周病が増えます。

ニコチンによる歯の黄ばみも加わって、すっかり老け顔になってしまうのです。

「たばこをできるだけ吸わないようにしよう」と、何となく節煙する「ダラダラ禁煙」では、こうした害を遠ざけることはできません。

禁煙の方法としては、喫煙のきっかけとなる環境を改善し、吸いたくなったらガムをかむといった代償行動法もありますが、喫煙はニコチン依存症ですから簡単にはやめることができません。

キッパリ禁煙に「禁煙外来」


そこでキッパリ禁煙したいと思う人におすすめなのが、病院の禁煙外来で専門治療を受けることです。

病院に行くと簡単な問診を受け、どの程度ニコチンに依存している状かといったことなどがわかります。

その結果と、健康状態やこれまでの喫煙状況などをふまえて、医師による診断を受けます。

そのうえで医師と相談して「禁煙開始日」を決定します。場合によっては、禁煙宣言書にサインするといった“儀式”が用意されることもあるそうです。

禁煙治療のメインは、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙補助薬ですが、医師からのアドバイスも禁煙の心構えとなります。

禁煙外来の受診には健康保険が適用されますので、まずは相談してみるといいでしょう。