笑うだけでできる健康「笑いヨガ」って何?

「笑いヨガ(ラフターヨガ)」は、「笑い」が持つストレス軽減効果とヨガの呼吸法を取り入れた健康法として注目されています。ユニークなネーミングですが、ヨガの本場インドからはじまった歴史ある健康法なのです。「笑いヨガ」のメカニズムから、1日5分で気軽にできる実践方法までを紹介します。

笑いで健康になる「笑いヨガ」のメカニズム

普段は「楽しいときに笑う」ということが多いと思いますが、「笑いヨガ」の考え方はこの逆で「笑うから楽しい」というものです。いわゆる「わざと笑うこと」によって、笑いから楽しい雰囲気を作り出します。

特別おもしろいことや楽しいことがあったわけではなくても、笑っていればいつの間にか楽しく、健康になってくる、その笑いにつられて周りの人も笑顔になってくる……笑いにはこのようなプラスの連鎖を引き起こす力があるのです。

この原理を心身の健康管理に利用したのが「笑いヨガ」です。ヨガといっても、難しいポーズやストレッチをするわけではありません。簡単な体操をしながら大きな声で笑うだけなので年齢も性別も問わず、道具も広い場所もいらないのでいつでもどこでもできます。

「笑いヨガ」の健康効果には、きちんとした医学的根拠があります。笑うことは何度も深呼吸をすることと同じです。大声で笑えば横隔膜が動き、腹式呼吸と同様の効果も得られるでしょう。笑い続けているうちに血行がよくなり、身体もポカポカとしてくるはずです。

「笑いヨガ」は医師が始めた確かな健康法

「笑いヨガ」は1995年、インドのマダン・カタリア医師が考案したものです。笑いの医学的効果を実感していたカタリア医師は、近くの公園に仲間を集め、5人で「笑いヨガ」を始めました。

5人は当初、冗談や笑い話などを言い合って笑っていました。しかし何日も続けているとネタが尽きてきて、人を貶めたり下品な話題で盛り上がったりするようになりました。しかしそれではあまり気分がよくないものです。

そこでカタリア医師はネタなど関係なく、とにかく笑うという方法に切り替えました。「わざと笑うこと」に慣れていないメンバーたちは始めこそ戸惑いましたが、すぐにその楽しさの虜になったそうです。

このようにして5人の「笑いヨガ」は長期的に続くようになり、今では世界60ヵ国以上に広まるまでになりました。

日本でも日本笑いヨガ協会によって講座が開催されていて、修了すると「笑いヨガリーダー」「笑いヨガティーチャー」として地域で講座を開くこともできるようになります。各地で開かれている講座には子どもから高齢者まで幅広い年代の参加者が集まり、笑いの健康効果を享受しているのだそうです。

1日5分! 誰でもできる「笑いヨガ」の実践法

「笑いヨガ」には、特別な道具は何も必要ありません。やろうと思ったその瞬間から、すぐに始めることができるのです。ここでは1日5分でできる簡単な「笑いヨガ」の実践方法を紹介します(参考:笑いヨガリーダー・ゆるコーチ 井上章大『1日5分笑うだけでみるみる人間関係がよくなる』)。

まず少し前かがみの体勢になって息を限界まで吐ききり、その後両手を大きく広げながら、ゆっくりと息を吸い込みます。こうすることで、空気の通り道がしっかりと確保されます。胸いっぱいに息を吸い込んだら、そのまま数秒間息を止めます。そしてまたゆっくりと息を吐きます。

次に手のひらをすり合わせたり、腕や肩、首すじなどの全身を手のひらでさすり、触覚を刺激します。気持ちいいと感じるところを自由に、30秒~1分間くらいさすりましょう。このときのポイントは、自分の心身をいたわることです。「いつもがんばっているね、おつかれさま」などと声に出すのも効果的です。

続いて、全身に力を入れてその後脱力することを2~3回くり返します。息を止めて両手を握りしめ、顔もしかめて思いっきり力みましょう。その後息を大きく吐きながら脱力し、全身を緩めます。

これが終わったら「笑い」に向けてテンションをあげていきます。手拍子をしたり、両手を前や下に伸ばしながら、テンポよく「ホッホ・ハッハ」と言います。10回くらいくり返すと、徐々にテンションが上がってくるのがわかるはずです。楽しい気分になってきたら、いよいよ「笑い」です。最初にしたように息を大きく吸い込み、息を吐きながら声を出して笑いましょう。「ニヤリ」と口元だけで笑うのではなく、「アハハハハ」とお腹の底から笑うのがポイントです。

この「わざと笑うこと」が抵抗なくできるようになればしめたもの。料理を作っているとき、掃除しているときなど、日常生活の中に「笑いヨガ」を取り入れられるようになります。

笑うだけで自分が楽しく健康になれるだけでなく、周りの人も幸せな気持ちにさせることができる「笑いヨガ」。基本を覚えれば感情のコントロール能力が身につき、怒りや落ち込みなどのネガティブな気持ちを切り替えるのにも役立つのだそうです。ここで紹介した内容を参考に、一度試してみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA